Prestige

社員紹介

システム開発

Profile 金融システム事業部 N.Y 中途入社
大学で会計を学んだ後、大手システムインテグレーターに就職。アウトソーシング事業部でヘルプデスクやテスト業務に従事していたが、本来持っていた「開発がしたい」という思いが強くなり、転職を決意。2006年、プレスティージにキャリア入社。

コアプロジェクトを上流から手掛ける

現在は信用リスク管理のアプリケーション開発に携わっています。このシステムはコアプロジェクトのひとつであり、当社で10年以上にわたって専任している重要な業務です。私は入社した当初から今のプロジェクトに関わっていますが、要件定義からリリース後の対応まで一貫して行う点は以前から変わっていません。一般に公開されている投資家情報を見たときなどには、自分が関わったシステムが貢献していることを実感できます。長くプロジェクトに参加しているエンジニアは私以外にもおり、お客様から表彰されたときには、信頼されているという誇りを感じられます。

品質の高さは細部まで行きわたっている

上流工程の業務を通じて、先を見据える力、ユーザの意図を汲み取る力は大いに養われたと感じています。プレスティージの強みは、要求されたことを満たすだけではなく、それに何らかの付加価値をプラスして提供する実現力にあります。例えば資料作成をひとつ取ってみても、プロジェクト内で模範として取り上げられるなど、細かな点において品質の高さは発揮されています。今までもさまざまな言語や業務などを経験して幅を広げることができましたが、今後は今以上にユーザと深く対話ができるように専門知識と提案力を養っていきたいです。